FD講演会 過去の開催実績

平成27年度の開催実績

開催日時 担当大学等 講師 演題 チラシ
第1回 5/18(月)
17:00-
金沢大学 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部神経学教室 David B.Teplow 教授 アミロイドβ蛋白の早期凝集体であるオリゴマー研究の最新の進歩と研究哲学について チラシデータ
福井大学医学部分子病理学領域 内木 宏延 教授 アミロイド凝集の病理および分子メカニズムについて
第2回 11/13(金)
18:00-
富山大学 大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室 数井 裕光 教授 認知症の治療-疾患別対応の重要性とその応用- チラシデータ
第3回 11/16(月)
18:00-
金沢医科大学 京都大学大学院医学研究科人間健康学専攻在宅医療看護学分野 木下 彩栄 教授 アルツハイマー病の危険因子 チラシデータ
第4回 12/7(月)
18:00-
金沢医科大学 新潟大学脳研究所 附属生命科学リソース研究センター バイオリソース研究部門 池内 健 教授 認知症の先制医療:バイオマーカーによる診断技術の進歩と予防的介入 チラシデータ
第5回 12/15(火)
18:00-
福井大学 国立研究開発法人放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 分子神経イメージング研究プログラム 主任研究員 佐原 成彦 先生 ヒトならびに動物モデルを用いたタウPETイメージング:創薬ツールとしての可能性 チラシデータ
第6回 2/10(水)
18:00-
金沢医科大学 聖マリアンナ医科大学 医学教育文化部門 医学教育研究分野 伊野 美幸 教授 認知症の患者・家族に対する多職種連携アプローチ チラシデータ
第7回 2/17(水)
18:00-
金沢医科大学 名古屋市立大学大学院 医学研究科病態生科学分野 道川 誠 教授 脳内脂質代謝変動とアルツハイマー病分子病態 チラシデータ

平成28年度の開催実績

開催日時 担当大学等 講師 演題 チラシ
第8回 5/13(金)
18:30-
金沢医科大学 国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター 予防老年学研究部 健康増進研究室 牧迫飛雄馬 先生 運動による認知症予防の可能性 チラシデータ
第9回 7/7(木)
18:00-
富山大学 埼玉医科大学国際医療センター神経内科・脳卒中内科
高尾昌樹 教授
認知症の神経病理学 チラシデータ
第10回 8/5(金)
17:30-
金沢大学 Clinical Neurosciences, Clinical and Experimental Sciences,University of Southampton

Prof. James Nicoll
"A 15 year neuropathological follow up study of the first Aβ immunisation trial (AN1792) in Alzheimer's disease"  チラシデータ
第11回 10/27(木)
18:30-
福井大学 同志社大学 生命医科学部
医生命システム学科 神経病理学
宮坂 知宏 先生
細胞内局在からアプローチするタウオパチー神経変性メカニズム チラシデータ
第12回 11/17(木)18:00- 金沢医科大学 大阪大学大学院 医学系研究科
認知症病態学 准教授         富山 貴美 先生
認知症予防薬開発の新たな試み-抗生物質リファンピシンの抗オリゴマー作用- チラシデータ
第13回 12/22(木)18:00- 金沢医科大学 大阪大学大学院 医学系研究科
臨床遺伝子治療学講座 准教授      武田 朱公 先生
アルツハイマー病タウ原理の空間的進展メカニズムの解明と診断・治療法への応用 チラシデータ