受講者及び認プロ関係者の方へ

単位認定要件

(1)教育コース

<本科コース>認知症チーム医療リーダー養成コース

8単位以上の履修が必要

<インテンシブコース>地域認知症専門医研修コース

4単位以上の履修が必要

<スペシャルコース>認知症・神経難病の臨床病理研修コース

認知症・神経難病の臨床病理実習(3単位)及び認知症プロフェショナル科目1単位以上の履修が必要

<スペシャルコース>地域フィールド認知症早期発見・予防・ケア研修コース

地域認知症疫学・予防・ケア実習(3単位)及び認知症プロフェショナル科目1単位以上の履修が必要

<スーパーコース>認知症スーパープロフェッショナル養成のための卒前・卒後一貫教育コース

10単位以上の履修が必要


(2)認知症プロフェッショナル科目

【講義】9科目10単位

e-learning教材(5〜6コマ)+(認知症関連)学会orセミナー参加orデメンシアカンファレンス受講(1〜2コマ)+確認テスト(1コマ)


  1. 認知症基礎(1単位)(概要と疫学、病理、生化学(神経伝達物質、蛋白化学)、分子遺伝学等)(8コマ)
  2. 認知症症候学(1単位)(中核症状、BPSD、神経心理)(8コマ)
  3. 認知症検査・診断学(1単位)(画像、バイオマーカー等)(8コマ)
  4. 認知症治療予防学(1単位)(薬物治療総論、BPSDの治療、予防等)(8コマ)
  5. 認知症ケア・リハビリ・地域支援・倫理(1単位)(8コマ)
  6. 認知症各論Ⅰ(1単位) (ADやDLBといった神経変性疾患)(8コマ)
  7. 認知症各論Ⅱ(1単位)(血管障害、外傷、代謝性疾患、精神疾患等)(8コマ)
  8. 認知症特論(2単位)(各大学で行われている認知症関連授業科目の読み替え)(15コマ)
  9. 研究倫理(CITI JAPAN)(1単位) (研究一般に関する倫理。認知症診療の倫理は「認知症ケア・リハビリ・地域支援・倫理的配慮」に含む)

【演習】4科目4単位

  1. 認知症診断・治療学演習Ⅰ~Ⅳ (各1単位)(デメンシアカンファレンンス(症例検討会) 8回出席)

【実習】2科目6単位

【3単位90時間(1単位30時間)】(期間は問わない)
  1. 地域認知症疫学・予防・ケア実習(3単位)(実習90時間出席)
  2. 認知症・神経難病の臨床病理実習(3単位)(実習90時間出席)
科目名 概略
認知症特論
(2単位)
●各大学で行われている認知症関連授業科目の読み替え(15コマ)
認知症診断・治療学演習Ⅰ
(1単位)
●デメンシアカンファレンスに8回出席することで1単位認定されます。
認知症診断・治療学演習Ⅱ
(1単位)
●デメンシアカンファレンスに8回出席することで1単位認定されます。
認知症診断・治療学演習Ⅲ
(1単位)
●デメンシアカンファレンスに8回出席することで1単位認定されます。
認知症診断・治療学演習Ⅳ
(1単位)
●デメンシアカンファレンスに8回出席することで1単位認定されます。
地域認知症疫学・予防・ケア実習
(3単位)
●金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 脳老化神経病態学、金沢大学
中島研究拠点での実習に90時間出席することで3単位認定されます。
認知症・神経難病の臨床病理実習
(3単位)
●国立病院機構医王病院、金沢大学附属病院神経内科、金沢大学大学院
医薬保健学総合研究科 脳老化神経病態学での実習に90時間出席すること
で3単位認定されます。